人気ブログランキング |

NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 2月13日の日曜日、西和賀町若畑地区では、これからの3ヵ年分の地域づくりの計画を考えるためのスタートとして、「ゆめがたり」を行いました。
 「どんな若畑になって欲しいか」「みんなでやってみたいこと」そんなテーマで自由に意見を出し合いました。

d0206420_10424976.jpg

 残念ながら、子供の雪合戦大会と重なって、子供や若いお父さんやお母さんは参加できませんでした。でも、このメンバーで、楽しく語り合うことが出来ました。

d0206420_1044745.jpg

 各班に学生さんがサポートで入ります。すでに何回も地域に入っている学生、初めての作業で緊張している学生などいろいろですが、どの班もみんな笑顔で面白いアイデアがたくさんで増した。

d0206420_10445579.jpg

話し合った内容を発表しているところ。
夢の中には「きれいでやさしい奥さんが欲しい」というものも。これにはみんな大笑いしました。

d0206420_1045262.jpg

話している人も、見ている人も、すごく楽しそうで、こちらのほうが元気をもらいました。

 事前の打ち合わせでは、“ワークショップ”というカタカナでは、難しいように受け止められないようにして欲しいという意見もあったので、自由に好きなことを話し合えるような雰囲気づくりに気をつけました。打ち合わせの時に「一杯飲んできたほうがいいかも」と冗談で言ったら、本当に当日、甘酒が用意されていました。こちらのほうが、地域の力に完敗です!
 甘酒のほかに、お母さんたちが“へっちょこだんご(おしるこに団子を入れたもの)”をつくって振舞ってくれたり、手作りのこんにゃく玉を持ってきてくれた方もいました。
 本当においしかったです!!
d0206420_10542272.jpg

# by Iwasen_icsc_2005 | 2011-02-18 10:56 | 西和賀町若畑
 いわせんのHPのトップにもボタンが追加されていますが、「ふるさと応援団」の活動が少しずつ形になってきました。

 「ふるさと応援団」は、岩手県の支援も受けて、今、いわせんが取り組んでいる試みですが、“集落”を離れて暮らしている人たちにもふるさとの“集落”の支援をしてもらおうという思いではじめた取り組みです。そのためには、まずは出身者の名簿を作っていくことから始まります。案外、それが大変で、これまでも思いついては取り組んで来れなかったのですが、今年度は、本格的に県内の3つの地区で取り組み始め、今、それぞれの地区第1回目の便りを出身者に向けて発送し、その反応が集落に返ってきているところです。

 それぞれの集落の出身者の方の名簿を整理したり、封筒に手紙を入れたり、そんな作業をする中で、感じたこと・・・。
 始まりは、少子高齢化が進む“集落”を支えて欲しいという気持ちでした。でも、“孤族”とかが新聞などで聞かれるようになって、もしかしたら、“集落”のためだけでなくて、ふるさとである“集落”が「いつでも帰ってきてね」と呼びかけることで、出身者の方の役に立てることもあるんじゃないかなって思いました。

 ひとりひとりにちゃんと届けよって、いつもより念入りに糊付けする私でした。
 そして、この輪がどんどん大きくなることを願っています。  (わかな)
# by Iwasen_icsc_2005 | 2011-02-03 15:04 | 葛巻町冬部

夢はふくらむ?

2011年1月24日に西和賀町若畑地区の役員会に参加しました。

この日は来年に向けてどういった進め方をしていくのか、西和賀町で行われる雪あかりの
大まかな作業の確認が行われました。

地域計画のつくり方が事務局の若菜さんから説明されて、計画をつくるにあたりこの地区で
次にやっていくことを確認しました。
若畑地区は実践については手製のお宝マップ作成、史上初??ともいえる防災収穫祭、
地域行事のまめ盗みを外部を加えて行ったりと経験を積んでいる地区なんです。
そこで、若菜さんから提案された次の動きは「夢語りの会」でした。
他の地域でも地域計画をつくる中で行うもので、実現性や今を念頭に将来を
考えるというよりは、単純に夢を語ろう、大風呂敷を広げてみようという会です。

お宝マップの作成の際には地域の長所を伸ばすもの、課題を解決するものについての
取組は出されているのですが、長い期間を見据えた目標となるものを
まだ若畑では話し合っていません。
「夢語りの会」を通して楽しめる形で長期的な目標を見つけていこうという流れになりました。

提案を聞いた地域の方々はどうなるかものかと言った表情もありましたが、若い世代も
入れた形で色々な話を聞くにはいい機会だという声があり、
前向きな感じが伝わってきました。
私自身も少なからず様々地域に関わらせてもらいましたが、
この地区は地味な感じで活動しているようにみえます。
でも、スルメみたいに段々に楽しさが地域に共有されていく様子も同時に感じます。
時には勢いが何事にも必要な時もありますが、若畑を見ていると自分たちのペースで
やっていく事の大事さ、楽しさを感じる時が多々あります。

予定では2月13日に夢語りが行われます。
その時に若畑の皆さんがどんなジワッとくる様な夢を語られるのか楽しみです。
案外と夢は大胆すぎる勢いがあるものが出されるかもしれません。
今頃、会に参加した役員の方々はどんな夢を膨らませているんでしょうかね~

雪あかりは2月12日に西和賀町全域で行われます。
派手な雪像や雪あかりだけではありませんが、手づくりの親しみがあるお祭りですので、
都合がつく方は町内を車で回ってみてはいかがですか。
時間は17時から20時までです。


下黒沢でした。
# by Iwasen_icsc_2005 | 2011-01-26 15:58