人気ブログランキング |

NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:崎浜と浮田( 27 )

 昨年度、崎浜の遊休地に花を植えて大変好評だったので、今年もアスターを植えることになりました。
 またまたたくさんのお母さんたちが集まってくれました。
 崎浜の皆さんは早い! 10時からといえば、9時には集まってくれるような崎浜時間です。海の民だからでしょうか。
d0206420_13435994.jpg

 植え方について、いつも通り浮田の千葉会長からの口上です。上手なので、時折笑いも起きます。お母さんたちは熱心に聞いてくるので、千葉会長の説明も熱が入ります。
d0206420_13443584.jpg

 いよいよ植えます。みんなでやればサクサクですが、1000本を超える苗なので、結構大変です。
d0206420_13464258.jpg

d0206420_13473636.jpg

 浮田と崎浜の女優(命名者千葉会長) 二人。これまでの交流を通して、なんだか姉妹のようですね。
d0206420_13483046.jpg


 作業は午前中に終了し、お昼は公民館で、赤十字花巻市東和支部の方々が用意してくれた昼食をいただきました。作業の後に、みんなで一緒に食べるご飯は本当においしい。新鮮な野菜の浅漬けは体に沁みました~。昼食をこれだけ用意するのは大変です。支援団体があいのりして、こんな風に実現できるのは、本当にありがたいことだなと思います。
d0206420_13492122.jpg
d0206420_13492820.jpg


 はなうえが終わり、これからは、実際には炎天下の中草むしりなどの作業も大変になってきます。崎浜の皆さんにお願いをすることになってしまいまうのが心苦しいところですが、皆さんの交流の場になればと思ってます。きれいな花、咲くといいですね!
(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2012-07-06 13:55 | 崎浜と浮田
 昨年度、浮田・崎浜地域振興協議会では、国の補助金を活用してお互いの集落と出身者へふるさとの情報を載せた情報誌を作成し、送付しました。
 第1号は崎浜の出身者の方300名近い方にも郵送し、その返信が30通以上届いています。
 あたたかい励ましの言葉がたくさん。ふるさとを思う気持ちは何ものにも代えられないあたたかく、ありがたいものですね。
d0206420_1612748.jpg

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2012-05-01 16:12 | 崎浜と浮田
 4月30日に、平成24年度の浮田・崎浜地域振興協議会の総会を開催しました。
 評議員19名が崎浜公民館に集い、平成23年度の成果と平成24年度の事業について協議確認をしました。
d0206420_15544097.jpg

 今年度も、農林水産省の補助金をいただき、1)さきはま農園(はなうえ)、2)ふるさと市(野菜、鮮魚産直)、3)情報誌の発行、4)交流事業に取り組んでいきます。
 総会では、産直にあたって放射能問題をどうするかなど真剣に議論も行われました。農村、漁村のお互いが大切に育てた食べ物に不安を感じることになるというのは、本当に悲しいことです。生きる基本である食ををベースにずっと温めてきた交流。放射能問題にも負けず、これからも続くよう、事務局としても十分に配慮しなければと心に刻みました。

 総会の後は、お楽しみ(?)の懇親会。
 左に坐するは崎浜、右に坐するは浮田。乾杯とともに酒を酌み交わします。
d0206420_1604056.jpg

 この総会で、改めて会長続投となった千葉哲世会長からのあいさつもあり、宴が進みます。
d0206420_1623862.jpg

 お待ちかねの崎浜の食、新鮮なタコ~~。いくら食べても飽きない旨さ。これは、日本酒だったねえ。
d0206420_1622741.jpg

 紅白のお餅は、今日新造船の進水式でふるまわれた餅まきの餅。おめでたい日となりました。

 そういえば・・・。今回お披露目を忘れてしまいましたが、国の補助事業を活用して、協議会のジャケットを伸長しております。(モデルはA氏) 海の青、空の青にも負けぬ明るさ。
d0206420_1653426.jpg

 新しい春が、始まりますよ~。わくわく。

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2012-05-01 16:06 | 崎浜と浮田
 昨年のことになってしまいますが…。

 12月9日に、浮田地区と崎浜地区の交流事業として、鮭の味噌漬け講習会を浮田小学校で開催しました。
 浮田と崎浜の交流の大きな目標は、里の産物と海の産物を使った特産品の開発です!(強調) そこに向けた1歩でもあり、浮田の手作り味噌と崎浜で採れた鮭のコラボレーションの料理です。
d0206420_5221568.jpg

 崎浜から5名の先生をお招きし、浮田からは20名近い生徒が集まりました。
 味噌漬けだけでなく、鮭をさばくところからスタートします。今年は、鮭が不漁ですが、大きな鮭を持ってきてくれました。一人1本です!(でか!)
d0206420_5241460.jpg

 講師の先生方です。鮭をさばくということで、男性4名、女性1名が駆けつけてくれました。さすが、漁師スタイル(胴長)が様になっています。津波で流されたということで、新品の胴長を用意して駆けつけてくれました。この準備からだけでも鮭をさばくことの大変さが伝わってきて緊張します…。(どきどき)
d0206420_5265533.jpg

 いよいよ解体…いえいえ鮭のさばき方のスタートです。魚は体がぬるぬるして滑るので、二人掛かりです。生徒の皆さんも身を乗り出してみています。見ていると、実に簡単そうなんですよね~。
d0206420_19491114.jpg

 鮭が美しく3枚におろされ、切り身にされたら、今度は味噌漬けの講習のスタートです。まずは、水できれいに洗います。
d0206420_5321873.jpg

そのあと、たくさんの塩を入れてもみもみして、30分おきます。塩は、ボール1杯あたりコップ半分程度です。
d0206420_5335311.jpg

30分つけたら、キッチンペーパーで水気を取って、いよいよ味噌に漬け込みます。味噌だれは、浮田の手作り味噌、砂糖、刻みしょうがです。あ~おいしそう。タッパに漬け込んだら出来上がり。明日の朝には食べれるということでした。(1昼夜置いた後、フリーザーパックに入れて、私は冷凍しましたよ。)
d0206420_5344842.jpg

 いよいよ、生徒の皆さんも作業開始です。なにせ20本です。会場は熱気むんむん。
d0206420_538374.jpg

 男性の参加者も結構いました。崎浜でも鮭をさばくのは男性の仕事のようです。浮田でも鮭をさばきたい男性がたくさんいて、ほっ。かなり、重労働でした。
d0206420_5393523.jpg


 片づけも終了したあと、最後は、いわせん差し入れのケーキとコーヒーでみんなで一息つきました。
d0206420_19504582.jpg

 この日は雪。道路にうっすらと雪が積もり、あまり雪道に慣れていない崎浜の皆さんは戦々恐々と帰りました。今日もありがとうございました。鮭と格闘し、おいしい鮭の味噌漬けを作り、また少し漁村のお母さんに近づいたような・・・。(あ、私はさばいてなかった!)

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2012-01-31 05:45 | 崎浜と浮田
 浮田地区と崎浜地区の交流事業のひとつとして取り組んできた「ふるさと市」。8月から毎月1回、花巻市東和町浮田地区の新鮮野菜を中心とする産直市を崎浜で開催してきましたが、今年の開催も、11月が最後となりました。
 回を重ねるごとに楽しみに待ってくれる崎浜の方が増えてきて、この日も開催時間の前から、おばあちゃんたちは待ってくれていました。これぞ「浜時間」。11時開催でも10時ごろから集まってきてくれます。
d0206420_3193562.jpg

 大根、白菜…重いのに、ひとりで何個も買ってくれるおばあちゃんもいて、「待ってくれていたんだなあ・・・」とうれしくなりました。意外だったのは、塩抜きしたわらびが完売したこと!里の山菜も味わってもらえてるんですね。
d0206420_3211711.jpg


 今年の『ふるさと市』はこれでおしまい。
 また来年、浮田側では、ちゃんと畑も広げて、たくさん作らないとね~!
 お疲れ様でした。

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2012-01-23 03:23 | 崎浜と浮田
 11月6日に、東和町浮田地区で毎年恒例の地区の文化祭「芸農祭」が、浮田小学校跡地で開催されました。
 昨年も、崎浜地区からも魚を焼いたり、鮮魚を売ったりと参加をしましたが、今年はそれに加えて、お昼の時間に、崎浜の人から津波被害の様子などを語ってもらう時間を設けました。
 崎浜から、3人の方にご登壇をいただき、津波発生直後から、今までの様子を話していただきました。最初に、崎浜の遠藤自治会長さんから、発生直後に浮田から多くの支援を受けたとこへの感謝が話されました。そのあと、畑中照子さんと川畑信吾から津波が集落を襲った様子や、そのあと、みんなで助け合って過ごした日々が生々しく語られました。
d0206420_184421100.jpg

 時々、涙で途切れがちになるお話に、浮田の方々はじっと耳を傾けていました。
d0206420_18483183.jpg

 また、体育館の一角には、津波が崎浜集落を襲う様子を撮影したDVDや写真が展示されるブースが設けられていました。そのブースがあまりに広く、浮田の方の思いの強さを感じました。
d0206420_18521100.jpg

 外では、崎浜から持ってきたイカとさんま焼きました。漁師の皆さんが味付けをして焼いてくれます。んまいんだよな。イカも身が厚くてほくほく。イカを焼く姿も様になってます!
d0206420_18573836.jpg

 これまで4年間、交流を続けてきたので、顔見知りもたくさんです。話にも花が咲きます。岩手大学の学生さんも応援に駆け付けて、楽しく売り子を盛り上げます。
d0206420_1901050.jpg


 今日も雨でしたが、心(もお腹も)あったまる一日でした。これからも、のんびりゆっくり交流していけたらいいですね。

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2011-12-18 19:07 | 崎浜と浮田
 三陸町崎浜に、遊休農地を活用して作ったさきはま農園では、春から夏にかけて花を植えていましたが、それもひと段落したので、冬の間の作物として、玉ねぎを作ることにしました。
 今日は、浮田で育てた玉ねぎの苗っこを持ち込んで、みんなで玉ねぎの苗を植え付ける作業を行いました。
 崎浜の全戸にチラシでお知らせしたところ、たくさんのお母さんたちが集まってくれました。
d0206420_4494421.jpg

 今日の作業の説明が、浮田の千葉会長から話されます。玉ねぎの苗っこの説明もありました。
d0206420_4522545.jpg

 おばあちゃんたちは身を乗り出して説明を聞きます。崎浜でも玉ねぎを作っているお宅は多いのですが、ちゃんと説明を聞くのはめったにないことらしく、「苗っこの品種は何か」とか、質問も飛び交い、なかなか皆さん勉強熱心です。まさに、交流だなと私も見ていてわくわくしました。
 会長が持参したお手製の植え付けヘラ(竹を長さ20センチ×幅2センチほどに割ったもの)を使って、2センチほどの穴をあけ、そこに根っこがちゃんと収まるように入れて、引き上げるように土をかぶせる。その時、ちゃんと土をギュッと抑えるのがコツとか。(杉の苗の植え付けと一緒だ~。)
d0206420_4572287.jpg

 そのあとさっそく植え付け開始。30人もいるので、4000本の苗もあっという間です。
d0206420_459977.jpg

 「花の植え付けも楽しかった。こういうのはいいね。」とおばちゃんたち。ほんとだね。
d0206420_513591.jpg

 玉ねぎの苗は4000本。半分がダメになっても、2000本。崎浜200世帯に各10個は行く予定です。春が、待ち遠しいですね。玉ねぎの収穫も、みんなでやったら楽しいだろうなあ~~。

 お昼までに終わって、そのあとは、公民館で昼食会です。会長の奥様が、浮田の食材でおいしい豚汁を作ってくれました。お米はもちろん新米です!
d0206420_552324.jpg

 会長と奥様のぼけとつっこみ(?)が面白くて、みんな笑顔です。
d0206420_565453.jpg

 お漬物は会長のお手製。紫蘇まきはピリッとして、ごはんが進みました。浮田のごっつぉ、ごっつぉ様でした!
d0206420_583917.jpg

d0206420_591572.jpg

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2011-12-12 05:09 | 崎浜と浮田
 秋晴れの中、昨年に引き続き、今年も花巻市東和町浮田地区と大船渡市三陸町崎浜地区の交流事業のひとつとして、グラウンドゴルフ大会を行いました。両地区の老人クラブの方も巻き込んで昨年度は大好評の交流で、今年の開催も楽しみにしてくれている方もいらっしゃったようです。崎浜からは13名、浮田からは29名で、合計42名の選手が集まりました!
 秋晴れの良い天気に恵まれました。会場は、閉校となった浮田小学校のグラウンドです。
 まずは開会式、選手宣誓が高らかに行われました。(はあ~、本当にいい天気)
d0206420_4595360.jpg

 浮田と崎浜の方の混合チームを作り、みんなでラウンドを回っていきます。
(下の写真は、かっこいいポーズをしているのではなく、ゴールまでの導線を確保しているところです。念のため。)
d0206420_535958.jpg

 人生で初めてグラウンドゴルフを行った、崎浜の事務局A氏は、勝負師の勘を生かして、2回もホールインワンを出し、すっかりグラウンドゴルフの魅力にはまってしまったとか…。来年の企画が楽しみです(笑)。
d0206420_543874.jpg

 そうこう外で楽しんでいる間に、浮田のお母さんたちは、手作りのお弁当づくりです。メニューも自分たちですべて考え、いろいろと工夫してお弁当を作ってくれていました。(おいしそうです~)
d0206420_562733.jpg

 また、小学校の入り口には、浮田の方々が作ったさきはまへの応援メッセージが飾られていました。
d0206420_573327.jpg

 今日は一日、にぎやかな声が浮田小学校に響きました。
d0206420_5131172.jpg


 午前中、汗をかいた後、お昼は場所を移してお楽しみのお食事です。
d0206420_514336.jpg

 浮田のお母さんたちが作ったお弁当をいただきます!おこわ、お煮しめ、お肉…。お煮しめのマツタケは、サトイモでこさえたマツタケです。「今年は不作だったから、芋の子で作りました」という説明に笑いが。残念!でも、芋の子マツタケもおいしくいただきました~。鶏肉はコーラにだそうです。すごくおいしかった。うちでもやってみようかしらん。浮田のお母さんたち、本当にありがとうございました!
d0206420_5173593.jpg

 食事を楽しんだ後は、今日の成績発表と賞品贈呈式が行われました。浮田の産品、崎浜の産品が賞品として渡されました。
d0206420_5195347.jpg

 この後は、少しだけお楽しみということで、カボチャの重さ当てクイズ、加えて余興で事務局(男女2名)の体重当てクイズで盛り上がりました・・・。(なんちゅークイズだ。でも、とても盛り上がりました!)
d0206420_522778.jpg

 浮田の方とはこれでお別れ。
 崎浜の方は、この後、浮田でリンゴ狩りをして帰りました。おいしいリンゴの見分け方を教わって、思い思いのリンゴをもいで帰りました。
d0206420_5241065.jpg

 今年もお疲れ様でした。また、来年も、元気で集まって、楽しく遊びましょうね~。
d0206420_5253698.jpg

(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2011-12-09 05:26 | 崎浜と浮田
 8月から始めて、毎月1回、浮田から新鮮野菜を軽トラに積んで、崎浜に持って行って販売をしています。
 毎回、仮設住宅と集落の中心(津波がきたとこ)の2か所で販売をしていますが、この日はあいにくの雨。仮設のほうは、急きょ集会室をお借りし、もう1か所は公民館の中で行いました。
d0206420_4433057.jpg

 雨のために、訪れる人は前回よりはやや少なかったものの、おばあちゃん一人で大根を5本買ったり、白菜を5つ買ったり、一人あたりの購入量が増えていて、「待ってくれているんだなあ」と有難く思いました。
 「これどうやってたべるの?」「お饅頭はもうないの?」
 浮田の人に語りかける言葉も増えて、交流の深まりを感じます。
 次回は11月。野菜も今が最盛期で、11月はぎりぎり。今年度のふるさと市は11月で終わりです。
 楽しみに、待っていてくださいね~。
(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2011-11-30 04:47 | 崎浜と浮田
 企業さん(ルミカ)に支援してもらったパオは、浮田集落との交流事業の中で取り組んでいる遊休地を使ったさきはま農園の傍に立て、農園の作業のたびに使用させてもらっているそうです。

 花が咲き始めたので、それを切り花にし、被災者の方を中心に配るための作業の様子の写真が届きました。
d0206420_2254834.jpg

 花の色が鮮やかできれい。これは・・・アスターだったかな?ほかにも百日草を撒いています。
 草刈なども含めて、崎浜のお母さんには頭が下がります。
 皆さんの家に届きますようーに。
(わかな)
by iwasen_icsc_2005 | 2011-11-05 02:26 | 崎浜と浮田