人気ブログランキング |

NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お見送り

 私は、花巻市内の北上川沿いの広々とした田んぼの中の集落(平地農業地域の集居集落)で暮らしています。自治会は3つの組に分かれていて、組はさらに班に分かれます。班ごとにひとつの公民館があります。
 うちの班は12世帯あって、12世帯の中で、不幸があったときは、必ず参列します。お葬式のやり方も地域によっていろいろ違うと思うけど、ここの集落では火葬、念仏、告別式の順で進みます。いつもは旦那や母に行ってもらうけれど、今回は都合がつかなかったのと、子供会で一緒のお宅だったので、初めて「念仏」に参列してきました。
 お通夜と念仏は自宅でやります。たいていの家は「田の字」の部屋(3つか4つの畳の部屋が田のように配置されていて、ふすまを取れば大きな部屋となる)があって、そこでやります。今回訪れた時にも田の字の和室にきれいな祭壇が作られていて、祭壇の前に20~30人くらいの人が座っていました。
 最初に般若心経が唱えられてから、そのあとみんなで「念仏」します。最初は年配の男性が多いので、彼らが低い声で一斉の唱え始めたので、柔らかな地響きのような、思い鈴が転がるような音でびっくりしました。そのうち「な~むあ~みだ~ぶ~つう~」と繰り返されて、初めての私でも一部は声をそろえて歌うことができました。なんだか、懐かしい民謡のような、哀なる調べのような優しい唱。

 みんなが唱和する。個を群に溶かして一体となっている。
 個性が尊重される世の中だけれど、群れに溶け込む温かさや優しさが心身に沁みました。
 亡くなられた方は90歳の大往生で、私はお会いしたことはなかったけれど、素晴らしい人生だったんだろうなとうらやましくもありました。

 私たちは、この集落で初めて外から来たようなIターン世帯です。こんなお葬式をすることが、いつかはできるのかなあ・・・。

 今日は霙降る中、全戸参加で「堰上げ」(水路の草刈や泥上げ作業)に旦那が出ています。そのあとは、公民館で飲み会。
 来週は「やばんとう(夜番当?)」田植え前の飲み会で、今年はうちも「宿」(まかない担当)なので、今度は私が出番。この時期は、集落の行事が続きます。どれにもいろんな意味があったんだろうな。

d0206420_1524150.jpg

 今年の我が家の畑。何を植えようか、楽しみなこの季節。
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-21 15:28 | いわて暮らし