NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平成26年5月26日19時より、岩手大学の一室にて今年の理事会・総会が開催されました。

平日の夜というお忙しい日程にも関わらず、理事、会員の方々にお集まりいただいて、25年度の事業報告、決算報告と、26年度の事業計画、予算等々を議題として提案し、もろもろご了承頂くことが出来ました。
d0206420_9221650.jpg

(真剣に報告を聞いて頂いています。今年はお寿司も!)

震災以降、被災地の地域づくりや公共交通のお手伝いが増え、ありがたいことに忙しくさせて頂いていますが、徐々に復興の道筋のついてきた今、2年後3年後、いわセンがどう歩いていくべきかというお話にもなりました。

現在の分野を強化していく…、活動を積極的にアピールしていく…、次のステップとして中間支援NPOとしての活動を強化していく…、様々な立場の理事の方々から、たくさんご意見頂けました。

これから努力していかなければいけないものも沢山ですが、会計を担当する自分としては、監査の方から、ここまでしっかり会計処理しているNPOは少ない、とお褒めの言葉も頂き、少し自信にもなりました。

d0206420_9374960.jpg(プロジェクターの位置の都合上、すみっこに追いやられた三宅代表理事。すみません。)






つい先日新年度になったと思っていたら、もう5月も終わり。
若菜さんは今日も忙しく沿岸を歩きまわり、太田君も調査の仕事が動きだし、わたし吉村は25年度の税務や登記、各種報告作業に書類とにらめっこ、今年度から短時間正社員となった阿部も突発的に発生する事務雑務をてきぱきとこなし…。
こんな4人で今年度も走っていこうと思います!
どうぞよろしくお願いします!!

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-05-28 09:41 | スタッフのつぶやき | Comments(1)
 先に紹介した地域公共交通東北仕事人ですが、メルマガが出来たらしいです。
 興味のある方、ぜひ、ご登録ください~。

(以下、東北運輸局さんからのメールの転送です)―――

地域公共交通に興味・関心をお持ちの方々。
こんにちは。
地域公共交通東北仕事人 事務局です。
新制度として発足させた「地域公共交通東北仕事人制度」を
より皆様に知っていただき、ご活用していただけるように
『地域公共交通東北仕事人メールマガジン』を創刊しました!。
本メルマガでは、最新の交通政策や旬のコラムなど、東北運輸局ホームページ
(http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/ks/new%20page/koukipagetop.html) で発信
している情報をいち早くお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いします。
(メールマガジンの配信停止やご意見・ご感想などは当メールアドレスまでお願いします)

☆ ご意見・お問い合わせはこちらまで -------------
 国土交通省 東北運輸局 企画観光部 交通企画課
  tohoku-kikaku@tht.mlit.go.jp
----------------- みんなと共に がんばろう!東北 ☆

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-05-26 09:02 | 公共交通づくり | Comments(0)
 東北運輸局が中心となって、東北地方で地域公共交通づくりをサポートするチームを立ち上げました。
 その名も・・・「地域公共交通 東北仕事人!」。
 いい名前ですね~。命名者は東北の某大学の若い先生で、その名前が生まれた時にも立ち会いましたが、・・・いい名前です!
 関東には「マイスター」、中部には「コーディネーター」という類似の仕組みがあるそうで、その東北版です。

 公共交通づくりは、法律や補助制度もにらみながら、事業者さんや住民とのやり取りもあり、なにかと大変なお仕事ですが、市町村の担当者は孤軍奮闘、どの地域でも苦労しながら取り組んでいると思います。それを強力にサポートしていこうという試みです。
 東北運輸局さんも親切に教えていただけるので、気になった方は、いつでもお問い合わせください~。

詳細はこちら。東北運輸局HP内。
http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/ks/new%20page/ks-sub06.html

 今、ちょっと見てみたら・・・。私が載ってましたね。秋田の市町村担当者さんと楽しそうにしている様子。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-05-21 10:31 | 公共交通づくり | Comments(0)
 白神山地のふもと、藤里町のバスを調べに行ってきました。
 白神山地が世界自然遺産に登録されたのは、私が岩手大学農学部の林学に在学中だったので、それはそれはセンセーショナルな出来事で、青森側の西目屋村が白神山地に上手に入るすべを模索したのに対して、藤里はコアエリアには人は全く入れずに遺産として守っていこうという対照的な態度を決めたことはすごく印象に残っています。その頃も、来た、ような気がする藤里町。再び(?記憶が定かではないため)やってまいりました。

 川の流れの水の豊かさ。そして、深い神秘的な翠色。雪解け水って、どうして翠色なんだろうと不思議。
 ブナの森が育む水です。
d0206420_9583387.jpg


 そして~・・・田んぼ。この田圃を見つけた時は、思わず歓喜。車を止めてもらってとりました。
 地元の方は「この風景で驚いた人初めてだ」と。 いえいえ、かわいい…。そして、草刈りきれいにしてる…。
 藤里町は川の最も上流の町なので、いたるところにため池があるということです。そうでしょう、そうでしょう。水が川にも谷もあふれている集落です。
d0206420_9594998.jpg


 そして・・・おばあちゃん。「ばば」と呼ばれるそうです。おばあちゃんの呼び方も地域性があるので、私はいつもチェックします。 素敵です!素敵すぎます。
d0206420_955570.jpg


 そして~~~猿。群れ成してました。
d0206420_1021613.jpg


 ・・・すみません。なかなかバスにたどりつかなくて。

 では、いよいよ。じゃじゃん~。秋北バス。うーん、ものすごくデジャブ。
 岩手でも、青森でも、よくお世話になるバスですね!どの車両にもすごく頑張っている感があふれていました。
d0206420_1025693.jpg


 町内には、手作りのバス待合所が立っています。 町が地域に対してバス待合所の製作費用を補助しているということでした。こういうの、いいですよね。いくつかご紹介します。
d0206420_1051267.jpg

d0206420_1052260.jpg

d0206420_1053342.jpg


 それから、秋北バスさんの取り組み。おもしろい。隣のバス停まで700mなんだ~。歩けるかも。
d0206420_1054941.jpg


 ということで、これからお手伝いする予定の藤里町さんの公共交通。
 どんなことになるのか、ああ、楽しみです。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-05-21 10:10 | 秋田県藤里町 | Comments(0)

こっそり復帰しました。

新年度もあっという間に2か月経ちました。

バタバタしてご報告できていませんでしたが、わたくし吉村は昨年8月に第一子女の子を出産して、年度いっぱいお休みを頂いていました。

慣れない育児に四苦八苦しているところですが、平成26年度、この4月から復帰させて頂きました。
子供を持って、また違う視点で地域づくりのお手伝いをしていけたらと考えています。
今後とも、よろしくお願いします。

復帰早々、色々とデザイン系のお仕事が形になりました。
紫波町赤沢地区の絵葉書セットと、パンフレットです。
d0206420_16423759.jpg

d0206420_16475524.jpg


HP上に、新しくデザイン実績のページも開設したので、そちらでどんどんご紹介していきます。
今年度は手書きのスキルをアップさせたいと、鼻息を荒くしています。
やっぱり、手書きの説得力に勝るものは無いんですよね。

今、上記でご紹介した赤沢で、お宝マップを作成中です。
学生でイラストが上手な子がいて、私も勉強させてもらいながらの作業でした。
完成したらご紹介しますので、お楽しみに!

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-05-20 16:53 | 紫波町赤沢 | Comments(0)