NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 栃木県高根沢町の町長さんと区長会の皆さんが地域づくりの視察に訪れていただきました。1日目は私からお話しさせていただいた翌日は、西和賀町の小繋沢集落を訪ねました。
 なんだかんだと久しぶりの小繋沢。
 地元の方、お母さんたちも含めて10人以上集まっていただき、なんだか懐かしい顔にすごく嬉しくなりました。
「久しぶりだけど、みんな若返ったみたい~!」お世辞じゃなくてですよ!
 私が到着した時には、会場もすっかり出来上がっていて、地域の力すごいなあと改めて。西和賀町長も駆けつけて、ご挨拶いただきました。
 今回、農林水産省大臣賞も受賞した小繋沢(東北で3集落!)。
 いわせんがお手伝いしたのは、今から5年くらい前。その時に何気なく始めた大根づくりが今は集落で2万本出荷するほどの一大生産地に成長。はあ~、すごい。
 懐かしい写真も交えて、笑い交えて、集落の様子をすっかり教えていただきました。
d0206420_10162188.jpg
d0206420_10164997.jpg

d0206420_1017580.jpg

 もしかしたら、言葉が半分くらい通じなかった!?かもしれませんが、それも含めて栃木の方には小繋のあったかさは十分に伝わったと思います。
 11月17日は産直、11月23日は収穫祭とのこと。また、遊びに行きます~!あ~、楽しかった。

 そういえば、岩手はすっかり秋模様。今年の紅葉はすごくきれいですよ!
d0206420_10182228.jpg

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-29 10:19 | 西和賀町小繋沢 | Comments(0)

結成!食チーム(H25.7.24)

 赤沢の地域づくりですが、今年度は農水の補助金ももらえて、勢いづいてきました。
 昨年度、みんなで考えたアイデアを次々と実現していく段階です。
 赤沢の地域づくりは、まるごと博物館プロジェクト推進委員会が主体で、その中に4つのチームが作られて、それぞれ活動を行います。
 この日は、食チームの初?会合。食チームでは、ゆるきゃらをつくる、食を楽しむ会を定期的に開催する、が今年度のメニューです。
 40代の若いお母さんが中心で、会合においしいものが並ぶし、子供も同伴。(今度、私も連れてこよ~)肩肘はらない楽しい会で、いろんなアイデアが出てきます。
d0206420_938239.jpg


 最後に、「みんなで、連絡先を交換した方がいいんじゃない?」と赤外線通信の嵐。
 最近スマホにした私も参戦。はあ~、最近はこうなのね~。と、なんだかカルチャーショック?
 ああ、楽しい。
d0206420_9402298.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-11 09:40 | 紫波町赤沢 | Comments(0)
 今年度は、雫石町の2つの集落で地元学の実施をお手伝いしています。
 そのひとつの集落、まさに岩手山のふもとの集落に地元学の打ち合わせに訪ねた時、公民館にたくさんの白黒写真が貼ってありました。地域づくりの一環として、各家に残っていた写真を集めて、プリントしなおして貼られていました。
 思わず見とれる。今よりもずっと過酷な生活だったと思うのに、なんていきいきとしているように見えることか。すばらしいなあ。地域の方も「これ、〇〇のおじさんだよ、懐かし~」とか盛り上がっていました。つくづく、うらやましい…。
d0206420_10393827.jpg
d0206420_10395074.jpg

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-09 10:40 | スタッフのつぶやき | Comments(0)

山の中のバス停(H25.7.2)

 大槌の山の中のバス停。
 今はこんなにさびているけれど、これまでにたくさんの子供たち、大人たちを見守ってきたんだろうなと思わせる。私は、嫌いじゃないけど。
d0206420_9265379.jpg


 今年は大槌のバスもお手伝いしています。
 被災した市町村では、少なからず、これまでなんとなく見直しをした方がいいのかなあ、と感じられていた公共交通全体の見直しに、良くも悪くも着手せざるを得ない状況になり、腰を据えた見直しを始めている市町村が多い気がします。
 どうせやるなら、住民にとっても、運転手さんにとっても、市町村担当者にとっても、「取り組んで楽しいバス」にしようよというのが、最近の私のテーマになりつつあり・・・。

 それにしても、思わず足を止めたくなるほど、美しい輝き。
d0206420_9315060.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-03 09:32 | 公共交通づくり | Comments(0)
 今年度、八幡平市のコミュニティバスの見直しのお手伝いをしています。
 年度途中のお話で、「アンケートをやりたい」「予算はあまりない」ということでしたが、
「アンケートをやる前に、実態を見て、課題を整理してからの方がいい」
「予算がないなら、みんなで乗ろう」
 とアドバイスさせていただき、私たちと市の担当職員2名の4名でコミバスに全便乗り、お客さんから話を聞きました。

 担当職員さん自身が直接話を聞くというのはすごく効果があることで、「予算なし」がかえってよかったなと思った私。

 八幡平市のコミバスは、患者輸送バスを前身とするバスで、一律100円。中学生以下は無料というサービスも。温泉にも立ち寄る路線では、20人を超えて満席になるほど。
 コミバスが叩かれる時代もありましたが、最近、私は「こういうバスもありだよな~」と思うように。

 車内でのおばあちゃんたちの会話は、本当に楽しそう。「移動する」以上のバスが、ここにはあります。

d0206420_9561888.jpg

[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-02 09:56 | 公共交通づくり | Comments(0)

西和賀FAN(H25.10.2)

 お盆明けからバタバタして、すっかり秋風。

 西和賀での活動が、動画で見られるようになっています。
 「西和賀FAN」 http://www.nishiwagafan.jp/

 私たちがお手伝いしている活動も、取材していただきました。
 若畑地区の豆盗み 9月27日 
 貝沢の地元学 9月30日

 ぜひ、ご覧下さい~。
 
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-10-02 09:07 | 西和賀町若畑 | Comments(0)