NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 あちこちで、センターについてお話しさせていただく機会もあるので、その時使用する写真を撮りました。
突然、
私    「じゃあ、撮るよ~」
みんな 「なにを!?」
私    「写真。ハイチーズ!」
 わけわからないまま、みんな、笑顔がいいですね~。
 あんまり笑顔がいいので、ついでに、ここにもアップ。(本人たちには事後承諾。笑)
d0206420_12343357.jpg


 こんなメンバーで頑張ってます。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-10-26 12:58 | スタッフのつぶやき | Comments(0)
 青森県八戸市の駅改札を降りたところで、何やら美しい制服女子を発見しました。
d0206420_12175861.jpg

 彼女たちはデパートの受付嬢ではなく、実は、公共交通の乗継案内や八戸駅からのバスなどの利用方法を丁寧に教えてくれるお仕事をしている方々です。
 こんな風に丁寧に教えてくれます。(友情出演:吉田先生)
d0206420_12191530.jpg

 バスのイメージも、変わっちゃいますね。頑張れ、はちこさん。
 ちなみに、募集のチラシ。はちこさんだから、8人・・・?
d0206420_12195992.jpg

 あっ!年齢制限がある・・・。私はダメだ!?(がっくり)
(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-10-26 12:21 | 公共交通づくり | Comments(0)
紫波町赤沢でついに始まりました!
そうです、あの紫波町地区創造会議です!!

紫波町の赤沢地区は国道396号沿いにあり、長岡と佐比内に挟まれている地区です。

396号沿いの道の駅「あかさわ」のあるところといえばピンとくる方もいると思います。

同地区は紫波町内でも有数のリンゴやブドウなどのフルーツの産地です。


8月頃はこんな感じに。

d0206420_1835176.jpg



そんな、赤沢地区は歴史や自然、食など多くのお宝があるということで、今回の地区創造会議は
「赤沢まるごと博物館プロジェクト」と銘打って行っております。

第1回はあの暑い暑い7月26日に熱く(?)開催されました。

というのも、この日の参加者は55人と多くの方が参加していたこともあり熱気に満ちていました。

d0206420_18185764.jpg




この日は、“地域づくりってどういうものなの?”、“この会はそもそもどういうものなの?”ということについての説明を、岩手大学の広田先生にしていただきました。

みなさん汗をふきふき真剣に聞いていました。

d0206420_18131598.jpg



説明の後は、プチワークショップで肩慣らし。
今回は赤沢のお宝を出し合いましょうというもの。

各班たくさんのお宝を出し合い、「初めて知ったよ」とか「ここは~で、こっちは~なんだよ」などの声が聞こえてきました。


そして、発表タイム。

d0206420_18173789.jpg



神社の多い赤沢地区では、たくさんの歴史的な遺物や芸能などがあげられていました。



これからたくさんの発見や楽しみが待っていることだろうと思いながら、第1回WSはお開きになりました。


みなさんよろしくお願いします!

(おおた)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-10-18 18:24 | 紫波町赤沢 | Comments(0)
 昨年度から、地域づくりの支援を行っている川井地域の小国で、今年度は着々と地域づくりが進んでいます。
 昨年度、みんなでお宝探しをしましたが、その成果を集落単位で「お宝マップ」の看板を作り、お宝の標識を立てています。また、お宝までの道の刈り払いなどの環境整備で汗を流しています。

 第1弾として、7月2日は土倉寺倉集落で看板建てと環境整備を行いました。

 土倉寺倉集落のお宝マップ。思ったよりすごく大きいです。この看板は、小国に住む機械整備の仕事をしている方が手作りしたそうです。地域の力はすごい。
 どこに設置したらいいか相談しながら看板をみんなで運びます。
d0206420_101621.jpg

 穴掘りもみんなでやります。結構大変っ(汗)
d0206420_10182949.jpg

 無事、立派に立ちました。みんな、見てくれるかな~。
d0206420_10223385.jpg


 看板を立て終わったら、次は、大梵天舘までの道の刈り払いをします。鋸と鉈でばっさばっさと開いてい行きます。道なき道に、みるみる道ができていきます。山道は、こうやって、手入れをして、維持していかないといけないんですね。
d0206420_10252186.jpg

 この後姿!よく使いこまれた道具をぶら下げて、ひょいひょいと山道を歩く。ほれぼれして、ついぱちり。
d0206420_10274222.jpg

 おおっと!途中、こんなものも発見。熊の糞。人と熊があるいて、道を維持しています。
 ・・・よく見ると、糞から芽が生えてます。かわいいな。
d0206420_10301821.jpg


 舘から見下ろす小国の集落。昔から続くふるさとの風景って、こんな感じかな。
d0206420_10331523.jpg


 小国はどこを見ても美しく、深い歴史と人々の暮らしらの積み重ねが息づいているのを感じます。遠野物語にも出てくる集落だとか。遠野も語りに迷い込んでしまうようです。
(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-10-12 10:34 | 宮古市川井の小国 | Comments(0)