NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 岩手県の「新しい公共」事業の支援を受けて、田野畑村で入浴と買い物が楽しめるタクシーの運行が開始されました。「新しい公共」とは、行政やNPO、企業等々さまざまなセクターが共同して、これまでの枠組みでは解決できない社会的課題に対して取り組んでいこうという動きです。田野畑の事業では、村と当センターが発案し、保健師さんや老人ホームさん、ヘルパーさんも巻き込んで、取り組んでいます。
 田野畑村は、今回の津波で大きな被災を受けており、仮設住宅で暮らしている人も多くいます。また、浸水した元の集落で暮らしている世帯も多くいます。元の集落では、津波で破壊された風景を見たくないから、なるべく外出を控えるようになったという声も聴きます。今回の事業は、生活環境が大きく変わる中で、外出機会を設け、人とおしゃべりを楽しめるような場の提供を目的として実施しています。

 タクシーには、常に、ヘルパーさんが同乗し、利用者の乗降をサポートしたり、健康体操や血圧を測ったりという体調管理も行ってくれます。また、ヘルパー歴が長いので、顔見知りも多く、利用者の人は安心して利用できますし、村内で、このタクシーを必要としている人も知っているので、声掛けなども行うことも期待しています。
d0206420_4122136.jpg


 ヘルパーさんは3名で、皆さんとても熱心に取り組んでいただいています。ヘルパーさんの都合が悪い時は、村の保健師さんなどがサポートに入ってもらえることになっています。

d0206420_414766.jpg
 
 入浴施設は村から出て、近隣の人工温泉施設に行きます。最初にお風呂に入り、そのあとお食事をしたら、1時間ほどおしゃべりをしたり、体操をしたり、その時の顔ぶれを見て、内容が決まっていくそう。
 最初は、津波の話などを語り合うことが多かったようです。

 利用者は順調に増えています。離れてしまった集落同士の交流の場にも、なればいいなと願っています。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2011-10-31 04:16 | スタッフのつぶやき | Comments(0)
 崎浜地区では、集落で、復興計画を策定する取り組みを始めました。
 岩手県、大船渡市、起喜来町…各枠組みで復興計画の策定が進められていますが、地域を一番よく知り、地域に対して一番責任のある集落という単位でもみんなで考えるべきこと、そしてやるべきことがあると思います。
 復興に限らず、地域づくりと同じように、当センターが目指すのは、「美しい計画ではなく、実践できる計画」「人と人のつながりを強め、地域全体の力になる実践の積み重ね」。そんな計画づくり(計画づくり自体、ひとつの実践ですが)のお手伝いを、当センターも始めました。
d0206420_5302468.jpg


 当センターのノウハウが、少しでも生かせたらいいなと思ってます。

d0206420_5303189.jpg

 被災後の崎浜漁港、崎浜集落の航空写真。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2011-10-29 05:31 | 崎浜復興会議 | Comments(0)

もうすぐ冬ですよ

 相変わらず、いまだに夏の活動をブログアップしているところですが(すみません)、岩手は今、晩秋です。
 岩手山も白く染まり、日々、空気が冷たく澄んでいきます。
 事務所でも、ついにファンヒーターを購入、点火しました。

 夜、冷えて、昼間は比較的暖かい日が続いたせいか、今年の紅葉はきれいみたいです。
d0206420_223435.jpg

 盛岡市の岩銅湖の紅葉。県北沿岸に向かう途中、つい見とれてぱちり。次に来るときは、すっかり葉も落ちているんだろうな。

 この冬は、寒くなりそうな予感。慣れない家で過ごす人も多いのだから、今年の冬は少しでも穏やかでありますように・・・。 (わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2011-10-28 02:26 | スタッフのつぶやき | Comments(0)
 株式会社ルミカ(九州)という企業さんからの支援を受けて、崎浜にパオを3棟建てることになりました。
 さきはま農園の休憩所として2つ、そしてバス停として1棟建てていただきました。

 この日は、みんなで作業です。すっごく暑い日、外に立っているだけでも汗が流れるようです。ルミカからは社長を含む5名の方がトラックに乗って到着、さきはまスタッフは5名、大学生を含むうちのスタッフが5名程度で作業開始です!
d0206420_1583637.jpg

 まずは、土台と骨組みを作っていきます。骨組みは、誰でもできる作業なので、手分けをして行いますが、どの骨をどのように組むか、結構細かい作業が必要で、ひとつ間違えるとやり直し・・・。わーきゃーいいながら、みんなで楽しく作業が進んでいきます。
d0206420_21044.jpg

 土台は大切なので、ルミカの方が組み立てます。レベルもとって、土台を設置です。
d0206420_222317.jpg

 一つのパーツはこんな感じ。これを12個?組み立てます。
d0206420_233355.jpg

 とにかく暑い!こまめな水分補給が重要です。作業は、まだまだこれからですよ~。
 
d0206420_244225.jpg

 屋根の部分を組み立て、ゆっくりとひっくり返します。柔らかいし、しっかりと締めていないので、ぐにゃりと曲がりそう。そーっとそーっとみんなで息を合わせます。
 
d0206420_262049.jpg

 合体です。うまくいくかな?
 
d0206420_27193.jpg

 うまくできました~。ドアや窓を作っていきます。この上に、ビニールを張っていきます。
 
d0206420_285074.jpg

 崎浜の漁師さん。パオの屋根のビニールにビスを打っているところだけど、なんだか、網を直しているような錯覚。手つきはなれたもんです。
 
d0206420_2105517.jpg

 うちのスタッフ。社会人1年生ですが、仕事の合間を見て地域づくりに参加してくれています。笑顔に癒されます~。
 
d0206420_2115516.jpg

 パオを提供してくれたルミカの社長さんです。途中まで、社長とは気づかず…失礼しましたが、とても気さくなで行動力のあるアイデアマン。
 
d0206420_2131677.jpg

 1棟完成したところで、今日は時間切れです。記念にぱちり。かなり疲れましたが、達成感でみんないい笑顔です。
d0206420_2163941.jpg

 この翌日に、残り2棟も完成しました。かわいい姿です。崎浜では、農園の道具を置いたり、農作業の休憩所として使ったり、いつかは苗でも育てられたらいいなと夢が膨らみます。

 ルミカの皆さん、本当にありがとうございました。皆さんの行動力と思いに、こちらのほうが力をもらいました。また、遊びに来てくださいね~。(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2011-10-28 02:14 | 崎浜と浮田 | Comments(0)