NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 陸前高田から西和賀町に避難されている方の支援を続けてきましたが、少しずつ仮設住宅へ移られる方が増えてきて、110名いたうち、半分くらいの方はもう陸前高田に戻られた様子です。
 そんな中、15日、避難している間に西和賀町内のいろいろなものを、避難されている方の中にいらっしゃった大工さん(気仙の匠のみなさま)が修復したり、新しく作ってくれました。
 この日は、その完成のテープカットが行われました。

d0206420_614811.jpg

 西和賀町の錦秋湖のそばの峠山パークランド・オアシス館に、掲示板が新しく設置されました。
 看板のには和賀岳や真昼岳などの西和賀の山並み、看板の下には気仙の海がモチーフとして描かれています。柱はバーナーで焼いた後手で削り、美しい木目が浮かび上がっています。掲示するものより、ずっと目立つこと間違いなしの掲示板。ぜひ、お近くに来たときには立ち寄ってみてください。

d0206420_6192354.jpg
d0206420_6193635.jpg

 修復された東屋は4棟。
 柱は、強度を高めるために傾斜していて、この傾斜は、ずっと上に延ばすと一点に合うという緻密な角度ということです。横から見ると、まるで神社の鳥居のように美しい遠近。まさに気仙の匠。
 柱はカラマツの間伐材で、樹皮はチクチクするから、利用する人がけがをしないように、1本1本手で皮をむいたということでした。とげが刺さったり、とっても大変だったと教えてくれました。

 大工の皆さんの命ともいえる道具はすべて津波で流されたため、西和賀町内の大工さんから借りて作業をしたということでした。「道具や作業場を貸してくれた人のほうが大変だったろう」と、西和賀を気遣っていました。

 町長さんも駆けつけて、棟梁とテープカットが行われました。
 西和賀は雪が多いところだけれど、ずっとずっと大切に残りますように。

わかな
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-06-27 06:26 | 東日本災害復旧&復興 | Comments(0)
 西和賀町湯之沢集落では、地域づくりに取り組んでいて、地域づくりの実践をいよいよスタートさせます。
 いくつかのテーマの中から、お母さんが中心になっている「わらび・産直チーム」は、最初の実践として、6月25日、26日に「わらび試食会」を開催することになりました。
 わらびの季節が終わっちゃう前に、と急きょの開催です。
 そのため、この日は試食会のスケジュールを考えるために、お母さんたちが集まって打ち合わせを行いました。
d0206420_643560.jpg


 あく抜きの方法は、家庭によって違うことや山で採れるわらびと、畑で採れるわらびでは味が違うことなど、いろんな話が出て、それなら、山と畑で食べ比べをしてみよう!とか、重曹と灰汁で食べ比べをしてみよう!ということになりました。
 当日が、楽しみです!
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-06-27 06:07 | 西和賀町湯之沢 | Comments(0)
 6月10日、崎浜集落の遊休農地を新たに「さきはま農園」として活用しようという取り組みがスタートしました。
 まずは、今年は、お供え用の花を植えて、みんな持ち帰ろうということを目的としています。
 この日は、東和町浮田から、耕運機が運ばれてきて、耕されました。
d0206420_5542262.jpg


 聞いてはいたけど、やはり石が多いようで、浮田から来た農業のプロも手を焼いたようです。
 汗ばむほどの良い天気の中、本当にお疲れ様でした。
d0206420_5554963.jpg


 この日は、崎浜の事務所に、パソコンも1台設置しました。日本財団を通じて、企業さんからの提供を受けたものです。ドコモの通信機器もお借りして、通信環境が整いました。崎浜は被災直前に光ケーブルが整備されたようですが、それも津波で流されたとか。
d0206420_556754.jpg


 次回は、みんなで花植えです!
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-06-27 05:57 | 崎浜と浮田 | Comments(0)