NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:葛巻町冬部( 5 )

葛巻町冬部地区では、毎月第2土曜日の夜19時頃から、定期的に飲み会が開かれています。
閉校になった小学校の一室を改良した手作りサロンで、交流です。

5月のその定例サロンに、いわセンメンバーがお邪魔してきました!

d0206420_1852359.jpg

見切れていますが、うちの新人メンバー太田は、サロンの宿泊スペースに泊めてもらってきました。

冬部といわセン(当時は広田研究室)は、2002年頃からのお付き合いなので、もう10年以上になりますね。
今年度も何かお手伝いができないか、ちょっとだけお話してきました。

が、ほとんどは美味しいご馳走を頂いて楽しんで帰ってきたという吉村でした。

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-05-13 18:54 | 葛巻町冬部 | Comments(0)
もうすぐ12月!という11月24日、冬部収穫祭前夜祭(?)が開催されました。
冬部の収穫祭の本番は翌日の11月25日ですが、例年、岩手大学の学生が前日からお手伝いに訪れ、飲み会の後、地元の皆さんと大いに遊び、泊まって帰る、という楽しい行事が続いています。

今年も沢山の岩大生が冬部へお手伝いにきました。
なぜは冬部は例年大人気!場合によっては人集めが大変なイベントもあるのですが、冬部のこの収穫祭はバスを手配するほどの人気。

d0206420_16162842.jpg
さっそく翌日に作るうどんの下ごしらえ。お母さんたちに教わりながら、こねこね。

d0206420_16185760.jpg
美しいキャベツの千切りを披露するお母さん方を真似ようと、学生達も頑張ります。

d0206420_16222628.jpg
ご飯の準備も終わり、食前の軽い運動。

d0206420_16232119.jpg
収穫祭前夜祭!学生だけでなく、地元の若手も沢山参加してくれました。
冬部の「若手」は本当に「若手」です!20代や30代です。
普通、地域づくりでいう「若手」は50代あたりですよね!

d0206420_162758.jpg
楽しくバーベキュー!

d0206420_16275511.jpg
地元若手の方たちと、そのお子さんたち。

d0206420_16175828.jpg
ちなみに、冬部サロンの2階には、こんなサーキットも!楽しそう…。


私は残念ながらお泊りできずに帰宅せざるを得なかったのですが、深夜まで楽しい会が続けられたようです!
毎年、0時をまわってからの体育館でのバレーボール大会が恒例のよう。

冬部では、今年中にまた広報の発行を予定しています。
その際には収穫祭の様子もお伝えすることになっていました。お楽しみに!
(広報は、いわセンHPからたどれる、ふるさと応援団のページにアップしてあります。)

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-12-12 16:33 | 葛巻町冬部 | Comments(0)
葛巻町冬部の事務局の方からご連絡頂きました。

内容は、「ふるさとの広報誌「けっけだしてけろ」の購読依頼が沢山来た。入金もしてもらっているので今後の活動を打ち合わせしたい」とのこと。

冬部では、これまで地元の活動情報をお知らせする広報誌「けっけだしてけろ」を数回発行してきました。
始まりは県の事業だったのでお金もあり、とにかく発信しようということで進めていました。

しかし、昨年度今年度と残念ながらお金をつけることができず、それでもなんとか発行したいということで、定期購読のお願いをしていました。

何人が購読希望してくれるかな…と不安の中でのお願いでしたが、ふたを開けてみると30名以上の方からの購読希望が!

少ないと思う方もいるかもしれませんが、他地区でも30名程度から初めて徐々に増やしている地区もありますし、充分な数字だと思います。

希望を出してくれた方のためにも良いものを作って、さらには、購読者の数を増やしていく仕掛けをしないといけないですね!


という、地域づくりの打ち合わせをさせて頂いたあとは、冬部の定例サロンに参加してきました。
毎月第2土曜日の夜は、この小学校跡地を改造してつくったスペースで飲み会が行われています。

この日はざっと30名以上でしょうか?たくさんの方が集まっていました。
d0206420_14252182.jpg


年配の方だけでなく、若い女性や子供たちも。
同じ地域の人達が集まって飲む場すらなくなってきている昨今の農山村事情の中で、これだけの人、これだけの年齢層が集まれる場があるというのは、本当にすごいことです。

d0206420_1430739.jpg

(サロンに置いてある昔のおもちゃで遊ぶ子供たち)

d0206420_1438258.jpg

同じ地区の人だけでなく、隣の地区、そのまた隣の地区の人も来られていたようで、昨日初参加という方もいらっしゃいました。
「これ、また来ても良いの?」という問いに、事務局の方も笑顔笑顔。

岩大のOGOBも、いわセンも知らないうちに遊びに来ている、そんなあったかい地区です。

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-06-11 14:39 | 葛巻町冬部 | Comments(0)
 4月9日に、冬部サロンに図書室をつくり、「ふるさと便」の発送作業も行いました。詳しい様子は「ふるさと応援団」の冬部のブログに掲載しているので、ぜひ、ご覧ください。(わかな)
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-04-19 12:01 | 葛巻町冬部 | Comments(0)
 いわせんのHPのトップにもボタンが追加されていますが、「ふるさと応援団」の活動が少しずつ形になってきました。

 「ふるさと応援団」は、岩手県の支援も受けて、今、いわせんが取り組んでいる試みですが、“集落”を離れて暮らしている人たちにもふるさとの“集落”の支援をしてもらおうという思いではじめた取り組みです。そのためには、まずは出身者の名簿を作っていくことから始まります。案外、それが大変で、これまでも思いついては取り組んで来れなかったのですが、今年度は、本格的に県内の3つの地区で取り組み始め、今、それぞれの地区第1回目の便りを出身者に向けて発送し、その反応が集落に返ってきているところです。

 それぞれの集落の出身者の方の名簿を整理したり、封筒に手紙を入れたり、そんな作業をする中で、感じたこと・・・。
 始まりは、少子高齢化が進む“集落”を支えて欲しいという気持ちでした。でも、“孤族”とかが新聞などで聞かれるようになって、もしかしたら、“集落”のためだけでなくて、ふるさとである“集落”が「いつでも帰ってきてね」と呼びかけることで、出身者の方の役に立てることもあるんじゃないかなって思いました。

 ひとりひとりにちゃんと届けよって、いつもより念入りに糊付けする私でした。
 そして、この輪がどんどん大きくなることを願っています。  (わかな)
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-02-03 15:04 | 葛巻町冬部 | Comments(0)