NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:いわて暮らし( 8 )

夏襲来!

 夏ですね。
 岩手はまだ梅雨の真っただ中で、じめじめしていますが、昨日の日曜日はなぜか台風一過のような夏空色でした。
 昨日は、汗をかきかき、我が家の畑の草取りと玉ねぎ収穫をしました。
 ・・・さて、どれが雑草で、どれが野菜でしょう??
d0206420_11451654.jpg

 農薬もちゃんと正しく使えば思うほど怖いものではないのかもしれないけれど、ちゃんと正しく使う自信がないので、我が家は無農薬です。(化学肥料は使います)
 そうなると、こうなる。
 4年ほど前に購入した土地。その前から畑だったみたいですが、その人は農薬を使っていたみたいで、最初数年はミミズがいない、土もかさかさ。
 最初は雑草も草捨て場に捨てていたんですが、次第に雑草の下にミミズや虫などを発見するようになり、「もしかして、雑草が生き物を育ててくれているんじゃ!」と思い、去年からは雑草は踏みつけるか、畝間に並べるようになりました。昨日は、ふっといミミズ君も発見しましたよ~。
 雑草パワーは、すごいっす。多分、あの根っこたちが土を耕してくれているんじゃなかろうか。
 なので、草むしりをしながら、名前を付けることにしました。
 昨日、よく遭遇したのは「ぬるぬるくん(正式名称:スベリヒユ」)、最初はかわいいけど実は「背高君(シロザ)」、いつでもよく会う「稲君(イネコロクサ)」。そう思えば、雑草もかわいい。

 数日前から、朝夕にヒグラシ、昼にはセミが鳴き始めました。

 これから本格的に夏ですね。今年は例年にも増して暑いらしい。
 はあ~。皆さん、暑さ対策して、何とか乗り切りましょう。
d0206420_11575391.jpg

[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-07-08 11:58 | いわて暮らし | Comments(0)

五月晴れ

 ゴールデンウィーク、どう過ごされてますか?
 ようやく昨日くらいから花巻はお天気になりました。
 この時期、農村は大忙しです。田圃に畑に、みんな生き生きと働いていて、見ているだけでわくわく。
 で、田んぼに囲まれたうちの農村ですが、このゴールデンウィーク、我が家が児童館状態になっています。
  子供たちが10人ほど、出たり入ったり。
d0206420_1152476.jpg

d0206420_11452675.jpg


 年少さんが1人、年長さんが1人、1年生が3人、2年生が3人、その他不明(笑)
 農業をしているお父さんお母さんはもちろん、サラリーマンしている親も、この時期は田植えで駆り出されるから、農村のゴールデンウィークは子供は子供同士。でも、一番楽しそうだ。

 この集落でも、数年前は子供が減ったということですが、今年の子供会は10世帯12人。10人を超えるというは珍しいみたい。第3次ベビーブーム?
 最近、私が知っている農村や漁村、山村でも「子供が孫を連れて帰ってた」という話をちょいちょい聞きます。この流れがもっと一般的になるといいなあ。

 うちの代表が、地域でよく言う言葉。「ふるさとの記憶は、一番、外遊びでつくられる」
 子供たちは群れると外に飛び出していく。今、みんな、”ふるさと”を作っているんだね。
 子供たちの元気な声が集落にこだましてる感じ。この集落も、今、元気だ。
 
 ・・・ともかく、子供は疲れしらずだ・・・。
 おーい、お昼ご飯の時間だよ~。

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-05-06 10:47 | いわて暮らし | Comments(0)

お見送り

 私は、花巻市内の北上川沿いの広々とした田んぼの中の集落(平地農業地域の集居集落)で暮らしています。自治会は3つの組に分かれていて、組はさらに班に分かれます。班ごとにひとつの公民館があります。
 うちの班は12世帯あって、12世帯の中で、不幸があったときは、必ず参列します。お葬式のやり方も地域によっていろいろ違うと思うけど、ここの集落では火葬、念仏、告別式の順で進みます。いつもは旦那や母に行ってもらうけれど、今回は都合がつかなかったのと、子供会で一緒のお宅だったので、初めて「念仏」に参列してきました。
 お通夜と念仏は自宅でやります。たいていの家は「田の字」の部屋(3つか4つの畳の部屋が田のように配置されていて、ふすまを取れば大きな部屋となる)があって、そこでやります。今回訪れた時にも田の字の和室にきれいな祭壇が作られていて、祭壇の前に20~30人くらいの人が座っていました。
 最初に般若心経が唱えられてから、そのあとみんなで「念仏」します。最初は年配の男性が多いので、彼らが低い声で一斉の唱え始めたので、柔らかな地響きのような、思い鈴が転がるような音でびっくりしました。そのうち「な~むあ~みだ~ぶ~つう~」と繰り返されて、初めての私でも一部は声をそろえて歌うことができました。なんだか、懐かしい民謡のような、哀なる調べのような優しい唱。

 みんなが唱和する。個を群に溶かして一体となっている。
 個性が尊重される世の中だけれど、群れに溶け込む温かさや優しさが心身に沁みました。
 亡くなられた方は90歳の大往生で、私はお会いしたことはなかったけれど、素晴らしい人生だったんだろうなとうらやましくもありました。

 私たちは、この集落で初めて外から来たようなIターン世帯です。こんなお葬式をすることが、いつかはできるのかなあ・・・。

 今日は霙降る中、全戸参加で「堰上げ」(水路の草刈や泥上げ作業)に旦那が出ています。そのあとは、公民館で飲み会。
 来週は「やばんとう(夜番当?)」田植え前の飲み会で、今年はうちも「宿」(まかない担当)なので、今度は私が出番。この時期は、集落の行事が続きます。どれにもいろんな意味があったんだろうな。

d0206420_1524150.jpg

 今年の我が家の畑。何を植えようか、楽しみなこの季節。
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-21 15:28 | いわて暮らし | Comments(0)

生活合理化運動

 私が住む集落の公民館で発見!
 すごいタイトルだけど、こういうの結構重要かも…。
 特に、我が家のような新住民にはありがたい。
d0206420_1329893.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-02 13:29 | いわて暮らし | Comments(0)

猛暑と水不足

 猛暑が続いていますが、人間ののどがカラカラとなるのともう一つ、雨不足が続いています。
 農地では取水制限も始まっているとか。
 昨日は、花巻市内の4号線の沿道のカツラの木がすでに紅葉・・・ではなく、枯れ始めているのを見ました。雨はいつ降るのかなあ・・・。

 私は関東出身ですが、子供のころは夏の終わりには毎日のように水不足がニュースになっていて、関東周辺のダムの水量が〇%とかいつも流れていたのを思い出します。供給制限もよくあることで、水が止まる前にやかんに水を汲んでおいたり、給水車に水をもらいに行ったり。
 子供ながら、水がなくなるのが怖かった思い出があります。私の関東脱出も、その思い出が底辺にあるのかもしれません。
 東北以北に住み始めて20年以上が経ちますが、そんな不安は今まで忘れていました。雪が降るからかしら…と思っていましたが、人口が少ないのもあるのかな。

 我が家の畑もすっかり水不足ですが、夏野菜はほぼ終わったのでほっておいてます。
 実は、水不足のため、今年はスイカが豊作でした・・・(すみません)。
 2つの苗から、大小7~8つできて、うち4つは子供のうちにカラスにつつかれておなくなりになり、2つは早くとりすぎて、2つはばっちり食べました。
d0206420_1526317.jpg

 スイカの収穫のタイミングが本当に難しくて、ネットでいろいろ調べちゃいましたが、困っている人も結構いるみたいですね。今年の悲しい経験(2つは早すぎた)を踏まえて、私なりの見極めは、スイカの地面についているほうがクリーム色になることかな。

 暑い日が続いていますが、空の色はもう秋です。うろこ雲も時々現れます。皆さんも、見つけてみてくださいね。
(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-08-30 15:29 | いわて暮らし | Comments(0)

秋の予感

 東北は、お盆を過ぎると秋風が吹く、というけれど、今年は本当にお盆が過ぎた途端涼しい風が吹き始めましたね。あんまり急に涼しくなるので、風邪ひくかと思いました。
 この数日、暑さが戻っていますが、それでも日陰に入れば風の涼しさに驚きます。

 暑い暑い夏だったけど、過ぎてみると淋しい気がするんだから、人間ってのは不思議です。

 昨日の日曜日、我が家の畑では、夏の野菜を耕しなおして、玉ねぎ、大根、白菜を植えました。スイカも今年も見事に3つ、小さいのがなったので、それも収穫し、ついでに気も早くサツマイモも試しに掘って、焼き芋までしてしまいました。ちょっと甘さが足りなくて、若かったみたい。気が早すぎました…反省。

 ブログの更新がなかなか滞っていますが、7月8月もいろんなことに取り組みました。
 少しづつ、アップしていくので、お楽しみにお待ちください。

 空は秋雲ですね。
 岩手では、9月に入ると稲刈りの準備にせわしくなってきます。田んぼの穂も黄色く色づき、たわんできました。
 いろいろとありますが、稔りある秋になるといいな。 (わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2011-08-29 15:47 | いわて暮らし | Comments(0)

今年の畑つくりました!

 連休ですね。大変な春ではあるけど、いつものように桜が咲き、桜が散っていきます。
 我が家でも、連休恒例の畑づくりが無事に終了しました。
d0206420_10183881.jpg

(バナナを両手に大喜びの黄色い子供の後ろが畑です・・・)

 ほぼ、私ひとりで畑づくり。今年で4年目。初めて鍬の使い方が分かった気がする(遅い)。鍬で畝を立てるのって、「溝を掘る」のではなく、「土を寄せる」のだということ・・・。
 おかげで、今年はさくさくと畝立てが進み、ひそかに畑を開拓もしてしまった!
d0206420_10214337.jpg


 開拓地にはやはり豆?とか思って、小豆を撒きました。小豆じゃなくてもよかったかな・・・。
 そのほか、ジャガイモ、ネギ、べんり菜、枝豆、オクラ、トマト、ナス、きゅうり、ピーマン、とうもろこし、スイカ・・・。
 手には豆、体は毎朝がちがちです。でも、これから毎朝の畑点検が私の楽しみです。

 昨日、我が家に今年初めてツバメがやってきました。一度、玄関の街灯に巣を作ったことがあって、今回もそのあたりと小屋の中を慎重に点検して飛び去っていきました。前に巣を作ったツバメかなあ~。ツバメ、今年も巣を作ってくれたらいいな。ツバメが巣をつくる家は幸せになると聞いたことがあったようなないような。五月晴れのこの季節。良いことの使者のように見えるというのはだれにとっても、そうなんだね。

 昔は取り戻せなくても、少しでも「いつもの春のかけら」が、日本のあちこちに散らばっているといいな。(わかな)
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-05-06 10:27 | いわて暮らし | Comments(0)
新年ですね。仕事始めですね!
 年末の大掃除に始まり、御節づくり、子供の相手、スキー、温泉、挨拶回り(1軒のみ)・・・慌しく過ごして、エネルギーを消耗して仕事始めに向かい、ほっとしています。日常ってありがたい(笑)

 岩手でも、年末に大雪が降り、すっかり一面冬景色です。
 雪がたくさん降りすぎる地域では大変かと思いますが、ここは膝下程度なので、なんとなくようやく冬が来たようなほっとする気持ちもあります。

 新しい歳神様(としかみさま)も、我が家にやってきました。
d0206420_13243550.jpg
 

 花巻に住んで初めて「としかみさま(としとりかみさまとも言います)」の風習に触れました。集落の神社から、毎年配られます。真ん中が歳神様、その両側に、大黒様と・・・だれだっけ?大黒様はお米の神様ですよね。
 
 ただ、今年は米価がひどく下がって、農家の方からは心細い声も聞こえてきます。農業は自然を相手に食べるものをつくる大切なお仕事だと思うので、これからも安心して続けて欲しいと願うばかりです・・・。

 まずは!今年一年が穏やかに、幸せがひとつでも多く、皆様に訪れますように!

(若菜)
[PR]
by Iwasen_icsc_2005 | 2011-01-04 13:25 | いわて暮らし | Comments(0)