NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:西和賀町鷲之巣( 3 )

鉱山にのぼりました!

10月15日、西和賀町でまちづくりをお手伝いしている鷲之巣地図。ここにある、シンボル的存在である風倉山と赤倉山。
ここはかつて鉱山として栄えた歴史を持っていて、地区の真ん中にそびえるお山です。

7月に一度登山したのですが、あいにくのお天気で良い風景を見ることができなかったため、この日、地区の希望者の方も一緒に再チャレンジしてきました!

みてください!この絶景を!
d0206420_15471788.jpg

おうちがミニチュアのよう。

ものすごい高い所までの大変な登山!!のように見えますが、実はある程度の標高までは車で行くことができます。そこからこの場所まで徒歩ではありますが、高低差はあまりなく、お山のてっぺん近くを移動しているだけのような感覚で、そんなに大変ではありません。

と言っても、なんの舗装もされていないただの山の中で、かつ地元の方々が我々のためにわざわざ刈り払いをして切り開いておいてくれたおかげで歩きやすかった、というのがあります。
d0206420_15502156.jpg
こんな道を行きます。

公民館に戻ってきてからは、2班にわかれてWS。
お母さん方中心の「くらしチーム」では、昔使っていたガス式ランプや、御嫁入の時の話など、興味深い話がたくさん!
d0206420_155055100.jpg


お父さん方中心の「鉱山チーム」では、鉱山の会社で独自に測量した、鉱山全盛期の測量地図(!)に、細かい注釈を入れていく作業をしました。
山のど真ん中に鉱山の人達用の大集落があった!とか、もう驚きいっぱいです。
d0206420_15532042.jpg


鷲之巣では、暮れに、こういったお宝や昔話を披露するイベントを企画中で、次回WSではその計画を練る予定でした。

(よしむら)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2015-10-30 15:57 | 西和賀町鷲之巣 | Comments(0)

鷲之巣で昔かたり

9月1日、西和賀町の鷲之巣地区で、むかしかたりのWSをしてきました。
地元参加者は9名、学生4名、いわセンから2名でちんまりやってきました。
が、この地区、なんと全世帯数が8世帯!
8世帯の地区から9名も参加頂いて。すごい参加率なんです。

今回は、まず気楽に鷲之巣のことを語ってもらおう!ということで、女性中心の「鷲之巣くらしチーム」と
男性中心の「鉱山歴史チーム」に分かれて語ってもらいました。

暮らしチームはもう笑い声が絶えず明るい会になりました。
やはり、鉱山のあったこの地区ならでは。鉱山との関係で生活が変わったり独特の道具があったり。
d0206420_1144285.jpg


鉱山歴史チームは、どういう仕組みで鉱物が山の中に存在しているか。火山との関連。
CuSo4だとか、Feとか、化学の組成式まで出てきました!
d0206420_1144648.jpg


次回は色々見せたいものを持ち寄ってもらうような会になりそうです。

(よしむら)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2015-09-03 11:52 | 西和賀町鷲之巣 | Comments(0)

西和賀町鷲之巣をお散歩

西和賀町では、数年をかけて地区別に地域づくりの事業を行っていて、いわセンはそれのお手伝いをさせて頂いていますが、今年度は、鷲之巣という地域のお手伝いが開始しました。

集落世帯数が一桁で、みなさんご高齢という、私がお手伝いした中では最小の規模の地区です。
ですが、この鷲之巣は、西和賀町では、とても良い所だよ、と評判の地区。

ということで、さっそくスタッフで鷲之巣を歩き、案内してもらいました。

まず何よりインパクトのあるのが、この地域を見守る風倉山と赤倉山です。ドドーン
d0206420_16234940.jpg

写真だとわかりづらいですが、とても大きく、近く、存在感のある山です。
地域にあった小学校の校歌にも「父を思わす風倉や 母を忍ばす 赤倉を…」と歌われる、地域に親しまれてきたお山です。
d0206420_16361826.jpg

静かにすると、山から吹く風の音と、山肌に開いた穴から、「キーッ!キーッ!」という獣の声。
もののけ姫の世界?そこから主でも降りて来そうでした。

鉱山だったため、上にも登れて、そこからの景色は圧巻とのこと!道の整備が必要なため、まだ行けていないのですが、スタッフは「行きたい!行きたい!」と鼻息を荒くしていますので、追々登る予定です。

道を下りながら、一軒一軒お宅を拝見していったのですが、これまたどこのお宅も、絵に描いたようなのどかな民家なのです。
d0206420_16285722.jpg

立派なお屋根に、近くに広大に広がる田んぼ、お庭に広がるお花。
そして、ほとんどのお宅に、なんと池があります。しかも大きい!そして鯉も!
d0206420_16375768.jpg


かなり癒されたお散歩でした。ゆっくり焦らずお手伝いしていきます!

(よしむら)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2015-06-18 16:41 | 西和賀町鷲之巣 | Comments(0)