NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:北上市地域づくり組織条例WS( 1 )

 北上市では、平成24年1月から、「地域づくり組織条例」の策定に取り組んでいます。
 北上市は、平成18年に「まちづくり協働推進条例」を制定し、それを踏まえて、今年度まちづくりの役割分担の根拠となる条例として「自治基本条例」が策定される予定となっています。「地域づくり組織条例」は、「自治基本条例」に描かれた協働のまちづくりを進めるために重要となる「地域づくり組織」の根拠となる条例となります。

 北上市は、平成18年に地区公民館を「交流センター」として生まれ変わらせ、生涯学習に加えて地域づくりを重要な役割の一つとし、その管理運営にあたっては指定管理社制度を導入し、地域にゆだねています。市内にある16の交流センターは、地域の自治組織の活動を支え、地域づくりの拠点として活用されています。

 現在の北上市の総合計画には、16の地域計画も含まれており、北上市では16地域を単位とした住民主体の地域づくりと市との協働が着実に進められています。

 そのような中、地域の主体と市との協働を明確にするために、条例の制定を目指しています。

 条例は、地域の自治組織の代表や交流センターの会長、一般公募の32名からなる策定委員会で策定を進めています。当センターとセンターの代表理事広田純一(岩手大学農学部教授)は策定委員会の運営をサポートしています。
 昨年度末からこれまでに計9回の策定員会を開催してきました。
第1回 3/7  地域づくりの課題の所在整理1
第2回 3/19 地域づくりの課題の所在整理2
第3回 4/16 地域づくり組織のあるべき姿の検討(自治協議会の場合)
第4回 5/23 地域づくり組織のあるべき姿の検討(自治会・区長の場合)
第5回 6/11 地域づくり組織のあるべき姿の検討(交流センターの場合)
第6回 7/4  小括 ~あるべき姿に関する検討結果の確認~
第7回 7/23 条例の項目整理
第8回 8/29 条例素案の検討
第9回 9/13 条例素案(修正案)の検討

 策定委員会は、基本的には4~5つの班に分かれて、ワークショップ形式で丁寧な議論を重ねてきました。北上市では、すでに16地区に分けた地域づくりが行政との協働のもとに進められてきており、いわば条例より実態の方が先行していました。なので、これまで地域づくりを進めていくうえでの課題や悩みが非常に具体的で、委員の皆さんの理解と意識も高く、毎回非常にレベルの高い議論が行われました。
 最初に、市からのあいさつや、当日の補足資料等が提示されます。
d0206420_1625766.jpg

 次に、広田先生から前回の振り返りや今日の進め方の説明を行います。
d0206420_1695837.jpg

 そのあと、班に分かれて、条例の内容についての議論が行われます。議論の進め方は、センターのほうで噛み砕き、議論がしやすいように論点と作業方法をなるべく簡潔にするように市と丁寧に準備を行いました。
 ただ、今回は単なる地域づくりとは異なり、北上市の現状や地域づくり組織に関する知識が必要なので、班の記録係として入る学生にも事前にレクチャーを行いました。
d0206420_16135287.jpg

 最後は、各班から発表し、全体として情報や課題、方向性を共有します。自分の班と同じだったり、異なったりすることで、全体の方向性がわかりやすく理解できました。
d0206420_16141134.jpg


 地域づくり組織条例はこれまでおよそ8か月間かけて作り上げてきて、現在、「素案」を持って、市が地域説明会に入っています。これからはその結果を見て修正し、さらにパブリックコメントを行い、議会へと持ち込まれることになります。
 策定委員会のメンバーは、生みの親として見守っている状態。あと少しです。

 北上市内の地域づくりには地域計画策定など様々な側面でかかわらせてもらいましたが、今回の条例策定を通じて、改めて北上市民や地域づくりにかかる人々の意識の高さ、地域に対する責任感や熱い思いを感じました。市役所の信頼関係も強固で、これまでの時間の積み重ねを感じます。将来の可能性も感じます。地域づくりにかかわる者として、本当に多くを学びました。
 北上市は本当に、行政と市民の協働の先進地です。
(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2012-09-28 16:18 | 北上市地域づくり組織条例WS | Comments(0)