NPOいわて地域づくり支援センター


by iwasen_icsc_2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:崎浜復興会議( 20 )

広報誌発行しました

大船渡市崎浜地区で、地区内の災害公営住宅や防潮堤の工事の進捗状況、復興会議の様子などを、地区住民の方にお知らせする広報誌「浜らいん」の3号を発行しました!
d0206420_13443956.jpg

今年度、2か月に1回の割合で発行を続けています。

地元の自治組織の会長さん自ら(!)記事と写真を用意して送ってきてくれます。
私はそれを見やすいようにレイアウトして、事務所で印刷し、2穴を開けて、区ごとに仕分けをしてまとめて郵送しています。

同じ記事を、5日に一回の割合でブログとフェイスブックにアップされるようセッティングして、地区外の人にも情報がわかるようにしています。

最近ではリーチ数(読んでくれている人の数)が100人を超える記事も!
徐々に閲覧者数も増えています。

(よしむら)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-11-10 13:58 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
住民主導の復興計画策定のお手伝いもしている大船渡市崎浜地区ですが、現在、地区内広報の編集デザインをお手伝いしています。

地区内に住んでいる方でも、なかなか外に出られない方や、日中は忙しくて地区の復興状況がわからない方などもいる・・・
というわけで、崎浜の地縁組織の会長さんが、地区内向けに写真をたくさん使ったわかりやすい広報を作って配布したい!といわセンにお話を持ってきて下さいました。

会長さんが撮りためた写真をたくさん使い、復興工事の近況や、会からのイベントのお知らせなどを載せています。
d0206420_16401360.jpg

これは、連携して地区のfacebookやブログでも公開しています。

崎浜ブログ
http://iwasen-sakihama.blogspot.jp/

崎浜facebook
https://www.facebook.com/pages/%E5%B4%8E%E6%B5%9C/430069453693433?ref=hl
「崎浜」で友達検索でもどうぞ。

現在2か月に1回の頻度で発行中です。
今日はその2号目の発送作業をしました。全戸配布なので、区ごとに仕分して送ります。
d0206420_16392941.jpg


地区内の方々に、少しでも情報提供ができていれば良いなぁと思いながら作成しています。

(よしむら)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-09-03 16:41 | 崎浜復興会議 | Comments(0)

夏の終わり

 昨日は、崎浜地区で18回目の復興会議でした。
 津波によって更地となった場所は、崎浜の中心部ですが、そこをこれからどんな風に復興していくのか、そのビジョンを土地利用構想図という形で語り合いました。
 今回から、新たに20~40代の若者世代も加わり、3班→4班構成となりました!!(うれしい!)
d0206420_1271814.jpg


 そんな熱い議論の片隅で、鬼剣舞の衣装とお面が陰干しされていました。
 津波が来る前に、私もお盆にちょこっとお邪魔してみせてもらった荒々しい舞。
 帰省してきた若夫婦などなども多いようで、にぎやかに挨拶をし合っていた様子が思い出されます。
 今年も無事に、舞い納められたんですね。
d0206420_128193.jpg

d0206420_1291838.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-08-22 12:10 | 崎浜復興会議 | Comments(0)

復興と地域づくり…

 大船渡市三陸町崎浜地区の復興にずっと寄り添い、サポートしています。
 集団移転団地の造成はゆっくりですが進んでいます。
 そこで、いよいよ、浸水し、今は草が生えている土地、津波が来る前は集落の中心で、お店も立ち並んでいた場所をどんな場所にしていくか、土地利用と復興事業について本格的な検討を始めました。
 事業は、漁業集落防災機能強化事業と防集の事業を活用して整備されていきますが、その前提として、地域がどんな集落にしていきたいかビジョンを描くことも重要になります。
 でも、上記の事業はとっても複雑で難しい!単純にリンクはできないし、そもそも住民の視点から完全にリンクさせる必要もない(のかも)。
 で、大船渡市さんが委託しているコンサルさんと作戦会議をしているの図、です。うちの代表理事、広田純一教授と、地域自治会の会長も同席ですが、事業内容が難しくて、復興会議をどのように進めるか私はあたまがぐるぐるです。

 他の地域でも、これを地域だけでやっているのかと思うと本当に大変。
 ここでの成果を上手に還元することも考えていかないとなあと思っています。
d0206420_11251578.jpg

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2014-06-10 11:26 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
 昨日は、崎浜にて番屋(多目的ハウス”浜らいん”)の落成式に向けた打ち合わせを浜らいんでやってました。
 午後3時ごろ、無線。
 「明日の朝、ウニの口開けを行います」(とは、言わなかったと思うけど)

 震災後、ウニの口開けは初めてということで、俄かに行き交う軽トラックの数も増えて、集落全体がうきうきした感じがした。みんな船のチェック、道具のチェックに忙しなく動き、その横顔はなんだか笑顔だ。

 「き~~、明日(注:今日)来るんだった!」by若

 なんちゃって。
 漁村は、浜で稼いでこそ、漁村なんだなあ。

 祈・大漁!

d0206420_15385372.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-06-06 15:39 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
平成24年度として、前半後半2冊の震災記録誌(原案)を発行するという大役を果たし、ひと段落した情報誌チームですが、24年度のまとめと25年度以降の体制についての打合せを行いました!

d0206420_233590.jpg
寄せられた寄稿文を読みあうメンバー

復興会議では、数年後に「震災の記録誌」の本誌を発行すべく、そのための原案を作成し、本誌発行の際にスムーズに編集作業が進められるような情報収集等も進めてきました。

結果、様々な方から支援の声を頂き、写真の寄稿や文章の寄稿、支援記録の情報提供などを頂いています。
今後も続けていきますが、今回の体制ではひと段落。

次の体制にしっかり引継ぎができるよう、得た情報の整理を丁寧に行なうことで合意しました!

作業はひと段落ですが、せっかく得られたパイプや情報を有意義に活用できるよう、新体制に臨みたいですね。


ちなみに、毎回会議に参加していた吉村ですが、そのたびに、実は美味しい崎浜のご飯を頂いていました。
今回はなんと生しらす…!!!
d0206420_2391641.jpg
せっかくなのでドアップ。
私はしらすが結構好きで、スーパーでもちょくちょく買ってきて食べていたのですが、今回
「これが本当の、本物のしらすなんだっっ!!」
と感動して帰って来ました。

生の方は、本当にトロっと溶けて、まるでイカのお刺身のような甘さ!
ゆでてある方は、なんかもう、しっかりとお魚の(当たり前ですが)、お刺身のような風味があって、これもまた美味で!
当たり前なんですが、あぁ、しらすってお魚だったんだと。

桜の咲くこの季節しか食べられない旬のもの、ぜひ食べに大船渡に、崎浜に来て下さいね!

しかし毎回、お手伝いに行っているのか、ご飯を頂きに行っているのか、わからない吉村でした。

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-26 23:16 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
24年度、情報誌チームのお母さんたちと、夜な夜な進めてきた編集会議が実を結び、2号発行する予定だったものの2号目が無事発行となりました!

3月22日に再び終結して、みんなで協力して発送作業。

d0206420_19162743.jpg

d0206420_19163768.jpg

前回の発送の時は、1号だけ入れていくだけでしたが、1号発行後、発送先が増えたりして、1号と2号を入れる方、2号だけの方、手渡しの方等々、いくつものバージョンが。

それらをひとつひとつ確認しながらの作業で、みなさん夜遅くまでかかってしまいましたが、無事終了!

本誌の発行は数年後を想定していて、24年度の作業はそのための下準備でしたが、これが後にきちんと形になるよう、お手伝いしたいと思います。

(吉村)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-05 19:17 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
 年度末も末の3月31日、崎浜で、これまでみんなで手作りしてきた「多目的ハウス(愛称:浜らいん)」の中締め感謝祭が行われ、これまで関わってくれたみんなが集まって、わいわいとおいしいものを食べました。
 「浜らいん」は、崎浜の皆さんから愛称を募集し、崎浜復興会議のメンバーの投票で決まった名前。どんな意味か分かりますか?「はまらいん?」「はまらい!」は、「はまれよ」「仲間に入れよ」という意味の崎浜語です。かわいいね。だれでも気軽に集える場所に育てていくのに、ほんとにぴったりの名前です。
 今の浜らいんの全景。風よけも取り付けられて、なんか近代的な風貌(?)
d0206420_9245958.jpg

 この中に、机といすを並べてみんなでおいしいものを囲みました。
d0206420_9255474.jpg

 おいしいものは、花巻市東和町の浮田地区のお母さんたちの手作りの山菜やらのほか、崎浜のいかぽっぽもお目見え。
d0206420_9283113.jpg

d0206420_9284440.jpg

 みんなで餅つきもしましたよ。
d0206420_9292896.jpg


 浜らいんは、東京の設計事務所さんや神奈川大学の皆さんの協力とフランス財団さんと国の新しい公共などなど多くの支援も受けてできました。
 フランスと浜らいんのイメージで看板も作ってきてくれました。かわいい。
d0206420_9311571.jpg


 まだ完全には完成していないので、落成式は改めて5月に、崎浜の皆さんを招いてやる予定です。これから、本当にだれでも気軽に集える「はまらいん?」になるようにしていくのが課題。
 まずは、お疲れ様でした!ありがとうございました。乾杯!
d0206420_9335197.jpg

(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-04-01 09:34 | 崎浜復興会議 | Comments(0)

黙祷(3月11日)

 崎浜の番屋づくりも大詰めです。(「まだやってたの!?」とは聞かないように…お願いします。)
 昨日から、神奈川大学の先生と学生さん、東京の設計事務所の方も一緒にとんてんかんてん。
 すっごく立派になっていてびっくり。今は、屋根貼りと屋根の下の横板を貼る作業をしていました。
 昨日は、ものすごい風が吹いていましたが、この日は風もやみ、青空が出ていました。
d0206420_4302794.jpg


 2時46分、防災無線が鳴り、みんなで黙祷をしました。崎浜にある梵鐘も鳴り響きました。
 海はきらきらとまぶしく光っていました。
d0206420_4332432.jpg

d0206420_435046.jpg
 

 そのつもりはなかったけれど、2年目のあの時間を海のそばで迎えました。
 かなしみをそばで見てるだけの私なので、何を思うこともできないのだけれど、昔、何かに辛かった時に仏様の教えか何かの本で「生きることはつらいこと」という言葉から始まっていて、その時にほおっと力が抜けた覚えがある。いのちにとって、生きることはつらいこと。だれにとっても。そこから始まってもいいんだって。
 その中で、もし、救いがあるとしたら、赦すこと、赦されること。

 この2年間は長かった。
 で、もうすぐ、番屋完成!風の中、雨の中、よく頑張りました。
 ねっ?
d0206420_4365168.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-03-12 04:47 | 崎浜復興会議 | Comments(0)
 崎浜では、高台移転地も決まり、今は移転地の道路や宅地をどのように配置するか、市と協議をしながら進めています。移転地に移ることを決めた人は、これから本格的にどんな住宅を建てるのか考えていく段階になりました。
 そのサポートのため、一般財団法人地域創造基金みやぎさんのローズファンドの助成を受けて、建築士さんをお招きして、個別の相談会を開催しました。
d0206420_10533177.jpg

 居住世帯人数や要望などを踏まえると、どんな間取りがあり得るのか、どんなことに気をつけなきゃいけないのか、具体的なアドバイスをたくさんもらいました。
 大切なのは、「いいな!」と思った間取りのチラシなどは取っておいて、できればモザイクでもいいから、自分で間取りを書いてみることとか。

 この日の夜に開催した被災者連絡協議会の役員会では、住宅についてなど定期的に情報共有をしていこうということになりました。県内では、地元の建設業者さんがグループを組んで復興住宅を作り始めています。そのような情報収集をしたり、見学会をしたり、今後もいろいろと取り組んでいく予定です。
 展示場などに行っている人たちもいますが、なかなか行けない人たちもいるということで。

 崎浜の集団移転候補地を見に行ってみました。
 地区の高いところにありますが、船の錨が横たわっていました。何を思っているのやら。
d0206420_10571452.jpg


(わかな)
[PR]
by iwasen_icsc_2005 | 2013-02-15 10:57 | 崎浜復興会議 | Comments(0)